自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 自然素材の家づくり講座1 素材を知る

自然素材の家づくり講座1 素材を知る

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

ここでは千葉で家を作るための自然素材について、基本的な知識の紹介をしています。

一軒の家を建てるためには土台や柱、梁などの「構造材」(構造用材・家の骨組みを形作るための材料)、垂木(たるき)や筋交い、間柱(まばしら)、根太(ねだ)などの「羽柄材」(はがらざい・構造材の強度や形状を補う材料)、造作の下地になる「下地材」、床や壁、敷居や鴨居などの内部造作とウッドデッキなどの外部造作のための「造作材」、「屋根材」など様々な用途の材料が必要です。

「木材編」では天然の木材を針葉樹と広葉樹に分けて、それぞれの特徴を説明しています。また、国産の木材が高いと言われる理由や最近の動向についても簡単な説明を加えました。

「壁材編」では漆喰や珪藻土など人気の自然素材をはじめ、聚楽壁やタイル壁、和紙の壁紙などの特徴に、それぞれのメリット・デメリットを併記しています。参考として壁材の種類ごとの材料費(施工費含む)の目安も紹介しました。

「塗料編」には漆や蜜蝋、柿渋など日本古来の天然素材の説明、「応用編」では一般的に家屋の建設に用いられる木材が家のどの部分に適しているか、簡単な一覧表で紹介しました。

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】