自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 自然素材の家づくり講座1 素材を知る » 壁材編

壁材編

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

自然素材の家づくりに使用される壁材について、種類やその特徴、価格の目安を紹介します。

壁材の遷移

日本では古くから左官仕上げによる自然素材の塗り壁が多く用いられてきました。水分を含む漆喰などの壁材を左官職人がコテで塗り付けていく技法は「湿式」と呼ばれ、日本建築の内装に独特な雰囲気をもたらしていました。

しかし、近年になると湿式の工法は工期が長く掛かることや職人の人件費が高いため敬遠され始め、代わって「乾式工法」と呼ばれる石膏ボードにビニールクロスを糊で貼り付ける方法が多用されるようになりました。

ビニールクロスには工期が短くてすみ価格も安いというメリットがありますが、原材料がポリ塩化ビニールのため可塑剤や変色防止剤・カビ防止剤など様々な化学物質の添加が必要です。

これらの化学物質はシックハウス症候群の原因になる恐れがあり、またポリ塩化ビニールは燃やすと有害なガスを発生するため、最近はまた日本古来の健康的な自然素材の壁材を見直す動きが活発になってきています。

自然素材の壁材の種類

最近注目されている天然の素材を原料とした壁材の種類と、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

漆喰(しっくい)

漆喰は消石灰に麻や藁の繊維または川砂などを加えて、海藻を原料とする糊で練り上げたものです。きれいな白色が基本ですが、顔料などを加えることによって様々な色合いを出すこともできます。漆喰は左官職人がコテで塗り広げるため、職人の技量や感性によって出来上がり具合が左右される面白さもあります。

【メリット】

  • 湿度が高いと水分を吸い低いときに吐き出す調湿効果がある
  • 劣化しにくくカビが発生しにくい
  • 空気中の化学物質や二酸化炭素を吸着する性質がある
  • 耐火性が強く有害なガスを発生しない
  • 吸音性が高く音が漏れにくい

【デメリット】

  • 工期が長く施工費も高めになる
  • 熟練職人が少なく経験不足によるひび割れなどが起こる
  • スイッチ周りなどに手あかが付くと落ちにくい

珪藻土(けいそうど)

珪藻土は七輪の材料にも使われる土で、植物性プランクトンが湖沼に堆積したものが原料です。壁材に使用する場合は珪藻土に糊を混ぜて練り込むので、自然素材にこだわるなら糊の材料に何を使っているか確認することも必要でしょう。

【メリット】

  • 室内の水蒸気を吸湿、放湿するので湿度が一定に保たれる
  • 七輪に使われるほど耐火性能が高い
  • 多孔質のため室内の匂いを吸着する
  • 断熱、保温性能に優れている
  • 音の反響が少ない

【デメリット】

  • 劣化したり強くこすると粉が落ちる
  • 汚れやすく掃除がしにくい
  • 工期が長く施工費も高い

聚楽壁(じゅらくかべ)

聚楽第近辺の土を原料としたことからこの名前がありますが、現在では土の産地に関わりなく同じような仕上げの壁を聚楽壁(京壁とも)と呼んでいます。珪藻土の壁に比べるとザラザラとした質感があり、混ぜる土の色を調整することで様々な色合いを作り出せるのが特徴です。

【メリット】

  • 調湿作用があるため室内を一定の湿度に保てる
  • 耐火性能が高く燃えない
  • 防音効果が高いので音が漏れない

【デメリット】

  • 工期が長く施工費も高い
  • 地震の際にひび割れたり脱落しやすい
  • 汚れやキズに弱く掃除、補修がしにくい

タイル壁

タイルには陶器質のものや磁器質、石器質のものがあります。水分を弾く性質や逆に吸い込む性質など、使う場所によって適したものを選ぶことで機能性を持たせることができる自由度の高い素材です。

【メリット】

  • 長期間の使用に耐え、メンテナンスも容易
  • 必要な面積に施工できるので使い勝手が良い
  • 耐火性に優れている
  • 色々なタイルを組み合わせて自由なデザインが作れる

【デメリット】

  • 施工に時間が掛かり工賃も高い
  • 吸湿性があるタイルは汚れやすい
  • 割れや脱落が起こりやすい

和紙

楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)などの天然植物繊維から作られた和紙の壁紙は、ビニールクロスにはない自然の暖かみを感じられるため人気が高まっています。

【メリット】

  • 通気性と調湿性に優れている
  • 繊維がしっかりしているため破れにくい
  • 保温性能と吸音性能が高い
  • リフォームの際には剥がさず重ね貼りできる

【デメリット】

自然原料による壁材の価格

壁材の価格には施工費が含まれるため、施工する工務店によってバラつきがあります。しかし大体の目安はあるので、参考に紹介しておきましょう。

【漆喰】
1m2あたり、1万円から1万5,000円程度が相場です。

【珪藻土】
1m2あたり5,000円程度を目安として、難易度や厚さによって上下すると考えて良いでしょう。

【聚楽壁】
1m2あたり、3,000円から4,000円が相場になります。厚さや工法によって金額は、かなり上下するようです。

【タイル壁】
施工技術(施工方法)とタイルの材料費に大きな違いがあるため、価格もそれに依存して大きく変わります。おおよその目安としては、1m2あたり5,000円から5万円になるものも有ると考えて良いでしょう。タイルを施工する場合は、工務店と予算などについても良く相談するのが安心です。

【和紙】
自然素材の和紙では、1m2あたり1,500円程度が目安になります。ただし耐久性が強い高級素材の「楮(こうぞ)」などは、1m21万円を超すものもあります。

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】