自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 自然素材の家づくり講座1 素材を知る » 木材編

木材編

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

自然素材で家を作るために必要な「木材」に関する基礎知識を針葉樹・広葉樹に分けて解説しています。

針葉樹

杉や桧(ヒノキ)など家を作る代表的な木材の多くは針葉樹です。針葉樹は比較的柔らかく加工がしやすいことと、樹脂分を多く含むため香りが良いのが特徴です。代表的な針葉樹の特徴を紹介しましょう。

杉(すぎ)

日本の木造家屋建築に最も良く用いられてきたのが杉です。杉は日本中で植林されているため入手しやすく、柔らかいため加工が容易です。また呼吸率が高いため調湿効果も高く、屋根材・柱材・壁材・床材だけでなく家具や舟、土木材など各方面、各分野で広く利用されています。

昔の建築では杉の薄板を使っていましたが、強度がないため使用するなら厚手のものを使った方が安全でしょう。

桧(ひのき)

タンスや風呂など、日本で最も好まれる木材と言って良いでしょう。軟質でキメが細かいため加工性が良く、艶のある白い木肌に高級感がある素材です。水に強く腐食しにくいため土台や柱などにも使われています。

赤松(あかまつ)

主に東北地方で生産されている、強度と柔らかな質感がマッチした素材です。構造材に良く使われていましたが、寄生虫の被害などで産出量が減っているため、最近は輸入材に押されているようです。

ヒバ

木目が美しいため高級材として、和室の造作や外壁に使われます。独特の香りの元であるヒノキチオールには抗菌脱臭作用があるため、水周りでの使用にも適しています。建築用の他、装飾品や将棋盤などにも使われます。

栂(つが)

木質のキメが細かく木目が美しいため、高級木材として古くから親しまれてきました。とくに四国の高地(剣山など)に産する栂は木目がつまって美しいため、高価で取引されています。針葉樹としては強度が高いのが特徴です。

広葉樹

針葉樹に比べて硬く節も多いため広葉樹は余り建材としては使用されず、主に家具などに使われています。例外として短い板材を継ぎ合わせたフィンガージョイント材が床材として使われますが、これは節の多さから長い板材が揃いにくいことによるものです。

カリン

硬く重い素材ですが、比較的加工は容易です。赤みの強い色合いが特徴的で、美しい木目のものは銘木としても扱われています。原産国はタイやビルマなどで、日本で見るカリンの木とは全く種類が異なります。

楢(なら)

広葉樹では日本で最も普及している木材です。木目が美しく重厚で硬いことから、床材や家具に用いられます。また木目の美しさから、薄くスライスして化粧合板の表面材としても使われています。

栗(くり)

防虫や防腐の効果があるタンニンを多く含むため、古来から建材として用いられてきました。日本全体に分布しているため供給が豊富で、腐りにくいため土台や柱などの構造材に用いられるほか杭や枕木にも利用されてきました。

国産の木材が高い理由

外国産の木材に比べて国産の木材が高いのには理由が有ります。第2次世界大戦が終わった後、焦土となった日本では新たに家を建築するための木材が大量に必要でした。そのため杉や桧など、家を建てるために使用できる木の伐採が進み、それでも足りない木材は外国から輸入するしかありませんでした。供給不足となった国産の木材は、それによって手に入りにくい高級品に押し上げられてしまったということです。

また国産材の流通ルートが市場や製材所、問屋、材木店、工務店など多くの中間業者を経由して供給されるため、中間コストの上積みによって高額になってしまう側面も見逃せない事実です。最近ではこうした流通経路が消費者にもたらす不都合を解消しようと、工務店が現地から直接買い付けをしたりハウスメーカーが自社で植林を開発する動きも高まっているようです。

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】