自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 自然素材の家づくり講座2 工法を知る

自然素材の家づくり講座2 工法を知る

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

ここでは自然素材の家作りを施工方法と構造、機能などの面から分類して解説しています。

自然素材を使った家作りでは、主に天然の木材で骨組みや外部構造、内部構造を形作っていきます。また化学物質を含む消毒剤や防虫剤・防腐剤の使用を極力抑えるため、室内環境を整えるとともに素材の劣化を防ぐための環境作りも大切です。

「在来木造軸組工法」では家を作る方法について、その工程からの分類と特徴を説明しています。太い木材をがっしりと組み合わせた伝統工法と一般的な在来工法(木造軸組工法)、アメリカ住宅の建設方法として日本に伝わったツーバイフォーなど、それぞれの違いについて理解いただければ幸いです。

「モノコック工法」では家にとって大切な強度を生み出す構造について説明しています。従来の日本建築の骨組みによる強度の出し方と、モノコック工法の力学的な考え方の違いは興味深いと思います。

「通気断熱WB工法」では二重構造の通気層を使った冷暖効果の仕組み、「応用編」では自然エネルギーを生かした家づくりとして「蓄熱グランドスラブ基礎」を紹介しています。

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】