自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 自然素材の家づくり講座2 工法を知る » 在来木造軸組工法

在来木造軸組工法

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

自然素材で家を作る場合、最も一般的な工法、木造軸組工法(在来工法)について特徴やメリット、デメリットを説明します。

木造軸組工法(在来工法)

日本で最も多く用いられている、一般的な木造建築の方法です。主に角材を使って柱(縦架材)と梁(横架材)を組み上げて家の骨格を形作り(これを「軸組」といいます)、さらに筋交い(柱と梁が交差する角と角を支える斜め材)や金具で構造の強度を増します。基本構造が柱と梁の枠組みのため力学的に安定して台風などの横風にも強く、地震の際も揺れを吸収して倒壊しにくい利点があります。

力学構造のため使用する木材が比較的細くても、適切に施工されていれば強度を保つことができます。しかし手抜き工事などで補強材の筋交いや金具が不足していると地震などの強い揺れで倒壊する危険があるため、良心的な設計・施工が不可欠な建築法と言うこともできるでしょう。

必見!地震に強い施工はココ!千葉の注文住宅業者ランキング>>

 

他の建築法との比較

木造軸組工法は「在来工法」とも呼ばれています。「在来」は明治以降現在に至るまで最も一般的に用いられてきたことを指しています。在来工法のもとになった「伝統工法」や、アメリカから輸入されたツーバイフォー工法と、木造軸組工法の違いを見てみましょう。

伝統工法

木造伝統工法では釘や金具などをほとんど使用しないで、「ほぞ」「込み栓」「くさび」「だぼ」などの木材形状を加工することで木材同士をしっかり組み合わせ、「貫(ぬき」と呼ばれる木材を貫通して組み合わせる工法で建物の強度を高めます。柱と梁だけで充分な強度が出るため、筋交いなどの斜め材は必要としません。

昔作られた伝統工法の家が現在も住居として使われていることからも解るように、非常に堅牢で長持ちする家を作ることができる反面、良質の太い木材を必要とするため材料費が高額になる傾向があります。また伝統工法で家を建てられる熟練職人が非常に少なくなっているのも実情です。

在来工法(軸組工法)

伝統工法ほど太い木材を必要としないため比較的安価に家を建てられることや、最も一般的な建築法のためどこの工務店でも施工できる利点があります。建築基準法の規制も比較的緩いため複雑な強度計算を省いて自由に設計できるメリットもある反面、設計士や建築士、施工店の技量がそのまま出来上がりに反映されるため、一部では不良建築の一因になっている側面もあります。

ツーバイフォー

アメリカの建築方法が基本になっています。伝統工法や木造軸組工法が角材による骨格構造で強度を生み出すのに対して、ツーバイフォー工法では主に床や壁などの板材(パネル)の張り合わせによる箱構造で強度を出しています。軸組工法では柱や梁の組み合わせに人手と時間が掛かるのに対して、ツーバイフォーでは短期日・安価に建築ができるのが大きな特徴です。

問題点としては壁が家の強度を支えている構造のため、窓の配置や大きさに制約が生じてしまうことが指摘されています。パネル材が不可欠なため自然素材にこだわった家作りには向かないという欠点も有るでしょう。

木造軸組工法の材料

軸組工法では長さのある角材がたくさん必要になるため、天然の木材だけで家を作ると高額になるのは仕方ないことです。しかし土台や家の外装など、屋内の生活環境に影響を及ぼさない部分に集成材を使用することでコストを削減することができます。

集成材は天然の木材の小片を接着剤でつなぎ合わせることで大きな木材にしたもので、密度が高いため通常の無垢材と比較すると約1.4倍の強度があります。接着剤の劣化による耐用年数の短縮が問題とされてきましたが、最近では接着剤の研究も進んできたため、天然の木材に劣らない耐用年数の集成材も見られるようになりました。 

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】