自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 自然素材の家づくり講座2 工法を知る » モノコック工法

モノコック工法

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

自然素材で家を作る工法の一つとして「モノコック工法」を紹介、メリットなどを解説しています。

モノコック工法

家の建築に関する用語で「モノコック工法」という言葉を聞いたことがあるかも知れません。「モノコック」は一般的に航空機や自動車など輸送機器の筐体構造を表す言葉で、軽量かつ内部空間を広く、しかも外部からの力に対して非常に強い性質を持っています。この性質を建築に応用したものが「モノコック工法」です。

建築における「モノコック工法」は、箱形構造の強靭さを考えると理解しやすいでしょう。正方形の板4枚をつなげて四角を作った場合、ある一定の方向から押すと四角は簡単に潰れてしまいます。しかしこれにさらに2枚の正方形を加えて正六面体(立方体・中空のサイコロ形状)にすると、どの方向から押してもびくともしない立体ができ上がります。モノコック工法は芯材と板材を組み合わせた構造パネルを、六面体構造の理論に基づいて接合する建築技法です。

モノコック工法のメリット

家は常に外力にさらされています。豪雪地帯では屋根に積もった雪の重みで家がつぶれることも有るほどです。また台風などで横殴りの雨風が吹き付けたり、地震では縦揺れ、横揺れと「鉛直方向」「水平方向」に激しい力が加わります。このようなあらゆる方向からの力にも耐性があるモノコック工法は、地震や台風が多い日本の気象条件にマッチした建築法と言えるかも知れません。

モノコック工法の実際

一般的な建築で最もモノコック工法の理論を取り入れているものが「ツーバイフォー工法」です。「ツーバイフォー」は柱と梁を使わず2✕4インチの角材で作った枠に構造用合板を釘で打ち付けて作る建築法で、日本の在来工法が柱と梁の骨格で強度を保持するのに対して張り付けた構造用合板によって強度を保つ構造になっています。

また鉄骨で作った骨組みに外壁パネルを張り付けた「鉄骨プレース工法」や、在来工法(木造軸組工法)でも骨組みに構造用合板を張って補強したものは、理論上モノコック工法を応用している建築と考えられます。

現在では一部の建築会社で2✕4インチの角材を使わず、工場で予め芯材・外壁・内壁を張り合わせたパネルを作り現場で組み立てる工法も実用化されています。現場での作業時間が大幅に短縮できることなどから、工期短縮や人件費削減に有効な工法として注目されています。

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】