自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 自然素材の家づくり講座2 工法を知る » 通気断熱WB工法

通気断熱WB工法

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

自然素材の家で、寿命を長くすることが期待される「通気断熱WB工法」について、その特徴を解説します。

通気断熱WB工法

最近注目されている建築の工法に「通気断熱WB工法」があります。外気を遮断し屋内を密閉空間にして空調を行う昨今の建築法に対して、部屋の空間外部に2重の通気層を作って室内の温度湿度をコントロールする仕組みで省エネ効果が非常に高いのが特徴です。「WB」の「W」は二重の通気層、「B」はブレス(呼吸)を表しています。

「通気断熱WB工法」のしくみ

部屋の外部に2重の通気層を設けて室温・湿度のコントロールをする「通気断熱WB工法」の仕組みのポイントは、形状記憶合金を内装した通気制御装置に有ります。

外気温を関知して自動的に開閉を行う通気制御装置によって、外気が暑い夏には床下の吸気口から冷たい空気を吸い上げ床下と内壁の外側に流すことで部屋全体の温度を下げます。冬は冷たい外気を自動的に遮断、通気層内の暖められた空気を還流させることによって少ないエネルギーで高効率の暖房効果が得られます。

「通気断熱WB工法」のもう一つのポイントは、部屋の内壁に施された「透湿クロス」にあります。部屋の壁外部の通気層に流れる夏は冷たく冬は暖かい空気は、透湿クロスを通して室内の余分な湿気を吸い、室内が乾燥しているときは逆に水分を放出することで湿度を快適に整えます。

WB工法のメリット

「通気断熱WB工法」のメリットは2重の通気層を作ることで、夏の熱気と冬の冷気を外壁に近い(室内からは遠い)通気層に流し、室内温度が外気の影響を受けにくい構造になることです。さらに外壁から遠い(室内に近い)通気層には、夏は涼しく冬は温められた空気が流れるため、電力による冷暖房が最小限ですむことによる画期的な省エネ効果が得られます。

建物の構造内部を空気が流れる仕組みであることから、床下や構造材の周囲が24時間換気されるため乾燥による割れや湿度による腐食、ダニ・カビの発生などを防ぎ、建物の寿命が長くなるのも大きなメリットと考えて良いでしょう。

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】