自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 千葉で自然素材の家を建てるならこの会社 » 菊池建設

菊池建設

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

千葉で自然素材の家を建てる「菊池建設」の特徴や施工例、評判を調べました。

菊池建設の施工例

外観 玄関 リビング
菊池建設の施工例
大胆なコントラストが重厚な外観。木組みの扉と黒アイアンのバルコニーがポイント
菊池建設の施工例
広々した玄関の先には大きな収納スペースが設けられています。木と漆喰を巧みに使った暖かみを感じるデザイン
菊池建設の施工例
中央にしっかりしたヒノキの通し柱があるリビング。大黒柱として家を支えることで、間仕切りを少なくできる日本建築が応用されています
2階 キッチン トイレ
菊池建設の施工例
仕切りのない広々とした2階の部屋。中央の通し柱があるから実現できる間取り
菊池建設の施工例
家族と自然に触れあえる昔ながらのダイニングキッチン。壁一面の窓から差し込む光が漆喰を照らす、明るい設計
菊池建設の施工例
磨かれた木の床が印象的なトイレです。壁に暖色の漆喰を施すことで、柔らかな雰囲気が出ています

自然素材の家づくり、千葉のオススメBEST5を発表

菊池建設の評判・口コミ

【住宅の性能・住み心地】

外出が少なくなりました

  • 新居が建ってから、土日でも家にいることが多くなりました。どこに行くよりも、家にいる時間が一番くつろげるからです。住んでいると気付きませんが、家に来た友人などからは森林浴をしているみたいに爽やかな気分になると言われました。子供たちも真冬なのに靴下を脱いで、裸足で走り回っています。

家族が一つになれる家

  • 漆喰の調湿効果のせいか、この家に引っ越してきてから子供たちが風邪を引かなくなりました。家のどこでも暖かいのですが、リビングのソファの居心地が良いために自然に家族が集まって過ごすことが多くなりました。自分のためにも家族のためにも、この家を建てて良かったと思っています。

【担当者の対応】

スタッフが真面目で丁寧

  • 高い買い物になるため、決めるまでに大工さんとたくさん話させてもらいました。菊池建設の大工さんは熟練者が多いので、話を聞いているだけでも手間を惜しまない誠実な印象を受けました。決め手になったのは、やはり仕事に誇りを持って取り組んでいる大工さんの姿勢と、営業さんや幹部さんが皆さんとても真面目で丁寧だったことです。

最大限の提案で理想が実現

  • 住みたい理想の家のイメージはでき上がっていたのですが、それを現実にするためには菊池建設の設計士さんと具体的な技術について話し合う必要がありました。設計士さんは私たちの提案に対して平面図や断面図などを使いながら、細かく検討して打ち合わせを進めてくれたので、少しずつ理想の家に近付いていくのが実感できました。私たちのアイデアを実現するために、おそらく最大限の提案をしてくれたのだと感謝しています。

菊池建設がつくる社寺建築の技を生かした日本建築

千葉で自然素材を使った家作りを行う「菊池建設」は、社寺・仏閣などの豊富な建築経験を生かして日本古来の桧の家や次世代の日本住宅作りを提案しています。昭和30年(1955年)創業という長い歴史を持ち、会社設立当初は社名を「檜の家株式会社」にしたほどヒノキ素材に対するこだわりは強く、現在でもメイン商品として「檜(ひのき)の家」をあげています。

檜の家

古来の日本建築から時代や生活に合わせて改良された建築で、日本の住宅文化を生かしながら家族が快適に生活できる工夫を取り入れています。建築には社寺造りの頑丈な骨組みと軒の長い張り出し、拡張を感じさせる書院造の建築様式が特徴的です。

また間取りが洋風住宅でありながら木目を生かした柱にナチュラルな漆喰の壁がモダンに調和する「漆喰の家」や、「檜の家」をコンパクトにローコストで建てる「せんまん」など好みや予算に合わせたラインナップも用意しています。

次世代民家

日本古来の民家を現代の技術で建築した住宅です。太い梁や大黒柱で組まれた堅牢な作りが、住む人に安心感を与えてくれます。材料には全て国産の檜や杉の無垢材、漆喰と珪藻土の塗り壁、畳、和紙が使用されています。「次世代民家」の特徴は年月の経過とともに味わいを増すことで、そのためにも自然素材を使うことが不可欠な条件です。

菊池建設
所在地 千葉県千葉市美浜区新港97
アクセス JR京葉線「千葉みなと駅」バス5分
営業時間 9:00から18:00(水曜定休)

 

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】