自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 千葉で自然素材の家を建てるならこの会社 » 玉川ハウジング

玉川ハウジング

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

千葉で自然素材の家を作る「玉川ハウジング」の建築の特徴と施工例、家を立てた人の口コミを紹介します。

「玉川ハウジング」の施工例

外観 玄関 リビング

外壁に天然木の風合いとレンガの色合いを生かし、白い窓枠をポイントにした落ち着きのある外観。

壁にニッチ(飾り棚)を作り付けた、ナチュラルなイメージの玄関。花や小物などの飾り付けで季節の演出ができる粋な心遣いの設計です。

リビングの窓は全開放できるように、折戸が取り付けられています。気候の良いときには景色と風を楽しみながら、開放的な気分が味わえます。
2階ホール 畳の部屋 キッチン

調湿効果の高い珪藻土の塗り壁は、洗濯物を室内に干しても結露しないほどの快適な空間を作り出しています。

予算に合わせるため畳敷きの部屋ではローコストの布クロスを使用しています。

キッチンは小さな子供がいても安心して食事の支度ができるように、ダイニングとリビングが見渡せる設計になっています。

自然素材の家づくり、千葉のオススメBEST5を発表

玉川ハウジングの評判・口コミ

【住宅の性能・住み心地】

ヒノキ4寸柱は安心感があって満足

  • ヒノキの4寸柱を中心にした骨太構造の建築には、とても安心感があって満足しています。近所で他の家の建築があると興味深く見ていますが、自分の家の柱がとくに太くしっかりしているので何となく優越感も感じています。細かい造作なども棟梁の機転で綺麗に仕上げてくれているし、自分の工夫で仕様を増やしていけるのも楽しみになっています。

堂々とした外観が自慢

  • ほかの家と比べると、うちは堂々とした構えに見えることに大変満足しています。外観だけでなく屋内も非常に動きやすく、使い勝手の良い収納など隅々まで気遣いが感じられる作りになっているのが解ります。玉川ハウジングで家を建てて、本当に良かったと思っています。

【担当者の対応】

最後に残ったのが玉川ハウジングでした

  • 家を建替えようと考えたときから下図を書いたり「勾配屋根」「半円形のバルコニー」など、たくさんのこだわりを出しながら検討を続けていました。あまり要望が多いため、候補の工務店さんは徐々に消えていって、最後に玉川ハウジングだけが残りました。さぞ大工さん泣かせの施主だったと思いますが、よく要望に応えてくれたと感謝しています。

説明や提案に共感できました

  • 住宅展示場などもたくさん回りましたが、どれも見かけが華やかなだけで仕様の割りに高いと感じるものばかりでした、資金も余りなかったので地元の玉川ハウジングさんい相談したのですが、最初に見せてもらった東濃桧の色合いの美しさに圧倒されてしまいました。少ない予算でも工夫すれば家が建てられることや、提案してくれたプランも斬新で、とても共感できたために全部任せようということに決めました。

玉川ハウジングは、土台に4寸ヒノキが標準仕様

千葉で創業40年の実績を持つ「玉川ハウジング」では、標準仕様で全ての土台と柱にヒノキの4寸角材を使用して家を作っています。また2階の床は4寸組の剛床構造、耐力壁を使うことによって耐震性能と耐久性を高めた設計が特徴です。

自由設計のスペイシャスホーム

「玉川ハウジング」の家作りの基本となっているスペイシャスホームは、敷地面積や家族構成、ライフスタイル、予算に応じて選べる「自由設計の家」です。顧客と打ち合わせを重ねることで漠然とした「こんな家が欲しい」という希望を形にしていくことで、自分に合った納得の家作りを実現できます。

自然素材の家作り

土台と柱に標準仕様で4寸ヒノキを使う「玉川ハウジング」では、壁にも漆喰や珪藻土を使った塗り壁を施工することで、シックハウス症候群の心配がない安全な自然素材の家を作ります。自然素材は本来の性能として湿度に伴った吸湿と放湿の働きがあり室内環境を整えるとともに、経年によって味わい深さが増す美観上の利点も兼ね備えています。

玉川ハウジング
所在地 千葉市中央区稲荷町3-9-12
アクセス 外房線「蘇我駅」500m

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】