自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 自然素材の家こだわり写真館@千葉 » ザ・吹き抜け

ザ・吹き抜け

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

自然素材の家づくりで最近とくに人気のあるのが「吹き抜け」です。そこで「吹き抜け」のさまざまなデザインを写真でご紹介。吹き抜けのメリットやデメリットも解説します。

吹き抜けのある家

千葉の自然素材の家 吹き抜けデザイン写真集 千葉の自然素材の家 吹き抜けデザイン写真集
大きな吹き抜けで太陽光がたっぷり入る設計のLDK。 1階に間仕切りをつけず吹き抜けの周囲に部屋を設置した開放的な設計。
千葉の自然素材の家 吹き抜けデザイン写真集 千葉の自然素材の家 吹き抜けデザイン写真集
天井の勾配を利用して大空間の吹き抜けを実現。 吹き抜けの魅力は天井の圧迫感を感じないとこ。
千葉の自然素材の家 吹き抜けデザイン写真集 千葉の自然素材の家 吹き抜けデザイン写真集
吹き抜けから入る2階の採光が明るい空間を生み出します。 吹き抜けの下の和室は暖かい光がたっぷり当たるように設計されています。

写真はいずれも千葉の注文住宅会社の施工例です。
もっと見たい方はこちらへ>>

吹き抜けのメリットとデメリット

吹き抜けの何よりのメリットは、空間が広々と感じられることでしょう。従来の日本家屋では1階と2階の間を「天井」「床」という大きな板がべたっとふさいだような構造になっています。そのため1階でも2階でも密閉感が強く、常に圧迫されているような気分になりがちでした。家から外に出ると一気に解放感が高まるのは、それだけ室内で圧迫されていたことの反動にほかなりません。

風と光の効用

吹き抜けには空間的な解放感が得られるメリットとともに、空間に遮るものがないことで1階にも2階にも充分な採光が行える利点があります。また空気が自由に流れるため、換気が良いのも特徴です。

吹き抜けのデメリット

空間が広いため冷暖房が効きにくいというデメリットが考えられます。そのため吹き抜けの設計には建物の断熱とシーリングファンなど、熱を逃がさず上手く循環させる仕組みが不可欠です。設計によっては天窓などのメンテナンスが難しいことも有るようですが、吹き抜けの設計に慣れた工務店であればそれらにも配慮してくれるはずです。

吹き抜けのような大空間に強い自然エネルギーを利用した工法などもありますので、相談してみるとよいでしょう。

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】