自然素材の家と業者のすべてがわかる!千葉限定まとめサイト

HOME » 家づくりの素朴なギモンに答えます » 地盤調査って何するの?

地盤調査って何するの?

千葉で自然素材の家づくりならココ>>

自然住宅の安全性を確保するために欠かせない地盤調査の実際と改良方法・費用を調べました。

地盤調査は義務

建築基準法では家を建てる際に「地盤調査をしなければいけない」とは規定されていません。そのためか「地盤調査はしなくても良い」と誤った解釈をする人もいるようです。

しかし、家を建てる際の基礎の構造は地耐力(地盤の強さ)によって建築基準法で定められているため、実質的には地盤調査をしなければ家を建てることができません。

ただし、分譲地などで同じ地質・地盤の土地を分割している場合は、特にすべての区画について調べる必要はないとされています。

地盤調査の実際

地盤が建物を支える力を持っているかどうかを調べることが目的なので、地盤調査は敷地に対しての建物の配置が決まってから行われるのが一般的です。調査する場所は建物の4隅と中央の5点で、調査にかかる費用は5万円から10万円程度です。

地盤調査の方法は人力で行う「スウェーデン式サウンディング試験」が最も多く用いられています。これは先端にスクリュー状のヘッドを付けた鉄の棒を調査する地点に垂直に突き立てて、10kgの重りを2枚、25kgの重り3枚を1枚ずつ静かに乗せて、それぞれの重さのときに棒がどれだけ沈むかを調べるものです。棒の目方が5kgあるため、すべての重りを乗せ終わった状態で100kgまで調査を行うことになります。

重りを乗せても棒が沈まず静止している場合は、ロッド(棒)上部に取り付けたハンドルを回転させて強制的に棒を沈めます。25cm沈めるのにハンドルを回した数を記録することで、調査のデータとします。調査の途中で棒の長さが足りなくなったときは、一旦重りとハンドルを外して棒をつぎ足して調査を続行します。ロッドによる調査が終了したら静かに棒を引き抜き、その穴を利用してメジャーで地下水位の測定も行います。

地盤改良

地盤調査の結果は地形や地層など地域の特性を考慮した敷地調査と合わせて解析され、報告書として家の施主(家の持ち主となる人)に知らされます。調査結果に問題がなければそのまま工事を始められますが、強度が足りないという結果が出た場合は地盤改良が必要になります。全国平均では地盤調査をしたうちの約30%で地盤改良が必要という結果が出ていますが、地域によって割合には大きなバラつきがあります。

地盤改良の方法は柔らかい地層の深さによって違い、深ければ深いほど工事に掛かる費用も高くなります。一般に2m程度までの対策ですむ場合には掘り起こした土にセメント系の固化材を混ぜ、パワーショベルで撹拌して地盤を固める工事が行われます。

この場合の工事費は、約50万円から80万円程度です。2mより深く8m程度までの対策が必要な場合は、目的の深さまで柱状にセメント系固化材を土と撹拌しながら注入する工事が行われます。注入する深さによって、工事費は60万円程度から120万円くらいまでの開きがあります。

地盤が弱く8m以上の深さまで対策が必要な場合は、セメント系固化材は使わずスチールパイプの杭を目的の深さ(硬い地盤の層)まで打ち込みます。工事費は深さと杭の本数によって80万円から300万円くらいです。

 
こだわり自然素材住宅のためのお役立ちNavi【千葉】